?

Log in

No account? Create an account
†·°•~滲む白が揺れる~•°·†
When everything turns to nothing, I'll still be there for you.
[歌詞] シド - M&W 
18th-Nov-2012 07:28 pm
lily
I typed down the kanji and romaji for シド/SIDs latest album M&W. I was surprised to not see them on the community, so I went ahead.

Unfortunately I don't have the original kanji, aka from the booklet themselves, I took them from places like Jpoplyrics and LittleSolo, so I'd say I only trust them to be correct 95%. [You don't have to care about that, it's just me and my distrust in online lyrics *SHOT*]

Well, romaji are done by me. As for katakanized words, I keep them the way they are written and CAPS them. Words that are English in the original I put in italics in the translation. Notes are at the end of the songs respectively.

Since I didn't translate anything, use them as you like. Credits are always welcome of course, but I won't come after you if you don't in this case, hehe.


コナゴナ
コナゴナ 散らばった 安価な 哲学だ
バラバラ 引き裂いた あいつ 幾らか ハンサム

彼女がすべて 言ってのけた 僕に
目で 鼻で 嫌味で 笑う

悪の組織 壊滅すべく 立ちあがるヒーローに つきものの
囚われの身 君を 助けに行く途中

きっと逢いたくて 震えてるね
きっと抱きしめて ハッピーエンド

コナゴナ 散らばった 安価な 哲学だ
バラバラ 引き裂いた あいつ 遥かに ハンサム

決戦の地まで 辿り着いた 僕を
待ってたのは まさかの 結末

肩並べた 悪とヒロイン バランスとれた 身長差もつらい
囚われの身 君を 助けに来たはずが

To be continued…

目が覚めたら 隣には 確かに
不機嫌なおはよう 陽射し リンクで 綺麗さ

悪の組織 壊滅すべく 立ちあがるヒーローに つきものの
囚われの身 君を 迎えに来る時間 二番手は退散

肩並べた 彼とヒロイン バランスとれた 身長差もつらい
囚われの身 君は誰より 悪でした


KONAGONA
KONAGONA chirabatta  anka na tetsugaku da
BARABARA hikisaita aitsu ikura ka  HANSAMU

kanojo ga subete itte noketa boku ni
me de hana de iyami de warau

aku no soshiki kaimetsu subeku tachiagaru HIIROO ni tsukimono no
toraware no mi kimi wo tasuke ni iku tochuu

kitto aitakute furueteru ne
kitto dakishimete HAPPII ENDO

KONAGONA chirabatta  anka na tetsugaku da
BARABARA hikisaita aitsu haruka ni HANSAMU

kessen no chi made tadoritsuita boku wo
matteta no wa masaka no ketsumetsu

kata narabeta aku to HIROIN
BARANSU toreta shinchou samotsurai
toraware no mi  kimi wo  tasuke ni kita hazu ga

To be continued…

me ga sametara tonari ni wa  tashika ni
fukigen na ohayou hizashi RINKU de kirei sa

aku no soshiki kaimetsu subeku tachiagaru HIIROO ni tsukimono no
toraware no mi kimi wo mukae ni kuru jikan niban te wa taisan

kata narabeta kare to  HIROIN
BARANSU toreta shinchou samotsurai
toraware no mi kimi wa dare yori aku deshita



ゴーストアパートメント
ここ数年 誰も 訪れてない
そう辺鄙な 丘の上 ひっそりと建つ

人知れず 想い寄せた
窓辺 腰かけて 街の灯りへ

目には映らない 声は届かない
住む世界が 違う それもわかってる

もどかしい距離 狂おしくて 遠距離片思い
人は僕のことを 避けて毛嫌うけど 君もそうかな

幼い頃からね ずっと 見てきた
もう今は 君のほうが 少し年上

寄りついた 悪い虫を
追い払ってきたのは 僕のラップ音

境界線なんて 誰が引いたのか
26時 街を彷徨う お年頃

友達はみんな やめとけって 口を揃えて言う
青白い頬が 紅色に染まるほど 君に夢中

こっち側に来るの Deadぼうけ 疲れた
鏡越し 熱い視線 送らなきゃ

もどかしい距離 狂おしくて 遠距離片思い
人は僕のことを 避けて毛嫌うけど 君は違った

あの丘の上 少し遠いけど 今度おいでよ
見たこともない世界を 教えてあげるから 僕の家で


GOOSUTO APAATOMENTO
koko suunen dare mo otozuretenai
sou henpi na oka no ue hissori to tatsu

hito shirezu omoi yoseta
madobe koshi kakete machi no akari he

me ni wa utsuranai koe wa todokanai
sumu sekai ga chigau sore mo wakatteru

modokashii kyori kuruoshikute enkyori kataomoi
hito wa boku no koto wo sakete ke kirau kedo kimi mo sou kana

osanai koro kara ne zutto mitekita
mou ima wa kimi no hou ga sukoshi toshiue

yoritsuita warui mushi wo
oiharattekita no wa boku no RAPPUon

kyoukaisen nante dare ga hiita no ka
nijuurokuji machi wo samayou otoshigoro

tomodachi wa minna yametokette kuchi wo soroete iu
aojiroi hoho ga guren ni somaru hodo kimi ni muchuu

kocchi kawa ni kuru no Dead bouke tsukareta
kagamigoshi atsui shisen okuranakya

modokashii kyori kuruoshikute enkyori kataomoi
hito wa boku no koto wo sakete ke kirau kedo kimi wa chigatta

ano oka no ue sukoshi tooi kedo kondo oide yo
mita koto mo nai sekai wo oshiete ageru kara boku no ie de



冬のベンチ
乾いた唇 突き刺さる風に

隠した手のひら 指先 繋いだ

僕サイズ ニットを 上手に着こなす 君と迎えた 朝

「こんな日が来るなんて夢みたい」なんて

本当は同じ気持ち それ以上さ

離れても またすぐに 逢いたくなった 僕ら

大人げない 大人の恋 少しの不安もいいさ

出会いと別れ 繰り返し これは最後の出会い?

週末 逢えるのに 限りある今夜の針に

不機嫌さ わがままな僕ら

終電案内 僕の右手ごと 今すぐ奪って 早く

熱したらいつ冷める そこに臆病で

距離とか 時間とか もうやめにしよう

街角を 彩った イルミネーションだって

遠くから 見たほうが ぼやけて綺麗さ きっと

だけど 近くで感じてたい 温もり 眩しい 今

「明日は積もるかな…ねぇ明日…」 目を閉じた

抱きしめたい

離れても またすぐに 逢いたくなった 僕ら

大人げない 大人の恋 少しの不安もいいさ

出会いと別れ 繰り返し これが最後の出会い

降り積もる いくつもの 肩寄せ合った 恋に

空席は見当たらない 今夜は仕方がないさ

来年もまた その次も ずっと ずっと 来よう


fuyu no benchi
kawaita kuchibiru tsukisasaru kaze ni
kakushita te no hira yubisaki tsunaida
boku SAIZU NITTO wo jouzu ni kikonasu kimi to mukaeta asa

「konna hi ga kuru nante yume mitai」nante
hontou wa onaji kimochi sore ijou sa

hanarete mo mata sugu ni aitakunatta bokura
otona genai otona no koi  sukoshi no fuan mo ii sa
deai to wakare kurikaeshi kore wa saigo no deai?

shuumatsu aeru no ni kagiri aru kon’ya no hari ni
fukigen sa wagamama na bokura
shuuden annai boku no migite goto ima sugu ubatte hayaku

neshitara itsu sameru soko ni okubyou de
kyori toka jikan toka mou yame ni shiyou

machikado wo irodotta IRUMINEESHON datte
tooku kara mita hou ga boyakete kirei sa kitto
dakedo chikaku de kanjitenai  nukumori mabushii ima

「ashita wa tsumoru kana… nee ashita…」me wo tojita
dakishimetai

hanarete mo mata sugu ni aitakunatta bokura
otona genai otona no koi  sukoshi no fuan mo ii sa
deai to wakare kurikaeshi kore ga saigo no deai

furitsumoru ikutsu mono katayoseatta koi ni
kuuseki wa miataranai kon'ya wa shikata ga nai sa
rainen mo mata sono tsugi mo zutto  zutto koyou




微か 揺れる炎 柑橘の漂う
サイケな ベッドルームで 絡み合う 吐息で

休息 ままならない 汗ばんで 切らして
できるだけ 多くだ 痕を 残すように

そうして 罪悪経由 快楽のシャワー
今夜だけは 何もかもを 忘れよう

二人 罪深く 引き寄せられた 糸
散らかった 身体も 飲みかけの ペリエも
朝が来れば 抜けて 綺麗に

興味で 探る舌 見るに堪えない 妖艶
全部が 目新しく 瞼 張り付いては 誘う

頬を伝う それも 演出のサイン
もはや君に 幼さの影は無く

深く 突き放した 下から包む 鼓動
欲しがった 破滅は 差し出せない それくらい
わかってただろう

二人 罪深く 引き寄せられた 糸
散らかった 身体も 飲みかけの ペリエも
朝が来れば 抜けて 綺麗に


ito
kasuka yureru honoo kankitsu no tadayou
SAIKE na  BEDDORUUMU de karamiau toiki de

kyuusoku mamanaranai asebande kirashite
dekiru dake ooku da ato wo nokosu you ni

sou shite zaiaku keiyu kairaku no SHAWAA
kon'ya dake wa nani mo kamo wo wasureyou

futari tsumibukaku hikiyoserareta ito
chirakatta karada mo nomikake no PERIE mo
asa ga kureba nukete kirei ni

kyoumi de saguru shita miru ni taenai youen
zenbu ga meatarashiku mabuta haritsuite wa sasou

hoo wo tsutau sore mo enshutsu no SAIN
mohaya kimi ni osanasa no kage wa naku

fukaku tsukihanashita (1) shita kara tsutsumu kodou
hoshigatta hametsu wa sashidasenai sore kurai
wakatteta darou

futari tsumibukaku hikiyoserareta ito
chirakatta karada mo nomikake no  PERIE mo
asa ga kureba nukete kirei ni


notes
(1) He sings tsukisashita, not tsukihanashita, here. Which would mean pierce instead of refuse/thrust away. This is where I would like to see the original lyrics haha.



Café de Bossa
背伸びから 始まる 恋の予感がした
小雨が彩った 小さなカフェの窓

クローゼット開いて 真夜中 ひとりでshow
やりすぎストールを はぶけば それなりに

待ち合わせは 勝手が違う お洒落な街並みで
どこか浮いてない? その目線が浮いてる

君は 何を着ても 抜群に君らしくって
隣を歩く 明らかに 気合い入りすぎコーデ

ボッサの似合う あの店で 少しお茶でもして
君が 席を外した隙間で こぼれ出す
ため息の数だけ 近づきたくて

この街で育った 君にはわからない
イントネーションの違いも 上手に隠せない

切り詰めて やっと手に入れた 流行のLouboutinも
ほんとのとこ 身の丈に合ってない

たまに見せる 満面のあれを ただ見たくって
苦手な雰囲気 克服して この街にまた通う

やがて 無理がたたっても それは君のせいじゃない
繋いだ手を 離したあとから こぼれ出す
ため息の数だけ 近づきたくて

小さなカフェに 迷い込んだ 雨の日のせいさ

君ほどの センスはないけど 知識もないけど
ひとつだけは この気持ちだけは

明日 またすきになるね けど
明日 臆病 一枚多く 重ね着する?

君は 何を着ても 抜群に君らしくって
隣を歩く 明らかに らしいそこそこコーデ

ボッサの似合う あの店で 少しお茶でもして
君が 席を外した隙間で こぼれ出す
微笑みの数だけ 近づけたかも


Café de Bossa
senobi kara hajimaru koi no yokan ga shita
kosame ga irodotta chiisana KAFE no mado

KUROOZETTO hiraite mayonaka hitori de show
yarisugi SUTOORU wo habukeba sore nari ni

machiawase wa katte ga chigau  oshare na machinami de
doko ka uitenai?  sono mesen ga uiteru

kimi wa nani wo kite mo batsugun ni kimirashikutte
tonari wo aruku akiraka ni kiwai hairisugi KOODE

BOSSA no niau ano mise de sukoshi ocha demo shite
kimi ga seki wo hazushita sukima de koboredasu
tameiki no kazu dake chikadsukitakute

kono machi de sodatta kimi ni wa wakaranai
INTONEESHON no chigai mo jouzu ni kakusenai

kiritsumete yatto te ni ireta hayari no Louboutin mo
honto no toko mi no take ni attenai

tama ni miseru manmen no are wo tada mitakutte
nigate na fun'iki kokufuku shite kono machi ni mata kayou

yagate muri ga tatatte mo sore wa kimi no sei ja nai
tsunaida te wo hanashita ato kara koboredasu
tameiki no kazu dake chikatsukitakute

chiisana KAFE ni  mayoikonda ame no hi no sei sa

kimi hodo no SENSU wa nai kedo chishiki mo nai kedo
hitotsu dake wa kono kimochi dake wa

ashita mata suki ni naru ne kedo
ashita okubyou ichimai ooku kasanegi suru?

kimi wa nani wo kite mo batsugun ni kimirashikutte
tonari wo aruku akiraka ni rashii soko soko KOODE

BOSSA no niau ano mise de sukoshi ocha demo shite
kimi ga  seki wo hazushita sukima de koboredasu
hohoemi no kazu dake chikadsuketa kamo



S
目覚めは凶器 背徳 スタンス
白く歪んだ 快楽の バランス
Too late さあ 始めようか

拘束、果て、満淫 エロス
おまえは 俗に 絶妙な ニュアンス
Too late さあ 声を頂戴

濃厚 暗闇 微量 痛
与えて 与えて 与えよう

同化 綺麗なままで 欲張りな肌で
乱暴な湿度 見透かして
冷たい椅子が きしむたび 拒んだ
無力を愛するしか無い

悲観を越えた 限界 スタンス
突き出す様子 飼育は バランス
Too late さあ 続けようか

感情、皆無、絶頂 エロス
静まりかえる 曖昧な ニュアンス
Too late さあ 次を頂戴

濃厚 暗闇 微量 害
奪って 奪って 奪おうか

浄化 終わることなく 弄ぶように
気が済むまで 繰り返して
冷たい無知が しなるたび 鳴いた
許しを得る他に無い

綺麗なままで 欲張りな肌で
乱暴な湿度 見透かして
冷たい椅子が きしむたび 拒んだ
無力を愛せばいいさ

終わることなく 弄ぶように
気が済むまで 繰り返して
冷たい無知が しなるたび 鳴いた
許しを得る他に無い


S
mezame wa kyouki haitoku STANSU
shiroku yuganda kairaku no BARANSU
Too late saa hajimeyou ka

kousoku, hate, man'in EROSU
omae wa zoku ni zetsumyou na NYUANSU
Too late saa koe wo choudai

noukou kurayami biryou tsuu
ataete ataete ataeyou

douka kirei na mama de yokubari na hada de
ranbou na shitsudo misukashite
tsumetai isu ga kishimu tabi kobanda
muryoku wo ai suru shika nai

hikan wo kotaeta genkai SUTANSU
tsukidasu yousu shiiku BARANSU
Too late saa  tsudsukeyou ka

kanjou, kaimu, zecchou EROSU
shizumari kaeru aimai na NYUANSU
Too late saa tsugi wo choudai

noukou kurayami biryou gai
ubatte ubatte ubayou ka

jouka owaru koto naku moteasobu you ni
ki ga sumu made kurikaeshite
tsumetai muchi ga shinaru tabi naita
yurushi wo eru hoka ni nai

kirei na mama de yokubari na hada de
ranbou na shitsudo misukashite
tsumetai isu ga kishimu tabi kobanda
muryoku wo aiseba ii sa

owaru koto naku moteasobu you ni
ki ga sumu made kurikaeshite
tsumetai muchi ga shinaru tabi naita
yurushi wo eru hoka ni nai



MOM
クランクインを待ってる 女優みたいな気分
早く 演じさせてよ 手遅れなケースもあるわ

一度や二度のことは 多めに見てた でしょ?
つまり これは最初の 最後通告

そこに幸せはなくて わかってる
開いた 暗証番号

家に帰れば MOM MOM
いい加減にしなさい
いつから 坊やは 悪い子になったのかな
お仕置きの 献立に悩む

火遊びが ボヤになる ボヤが火事になる でしょ?
得意のいつものやつ ギャグギレ状態ね

出会った頃の あなたは 「貴方」で
今は 見る影すらない

二言目には MOM MOM
あれがない これがない
いつから 私は あなたの専属メイド
「なさいませ」 つけたほうがいい?

家に帰れば MOM MOM
いい加減にしなさい
いつから 坊やは 悪い子になったのかな

今日まで MOM MOM
思う存分 甘えて
あなたの MOM MOM そろそろ 時間切れね
お仕置きは バイバイに決めた


MOM
KURANKUIN wo matteru joyuu mitai na kibun
hayaku enjisasete yo teokure na KEESU mo aru wa

ichido ya nido no koto wa  oome ni miteta desho?
tsumari kore wa saisho no saigo tsuukoku

soki ni shiawase wa nakute wakatteru
hiraita anshoubangou

uchi ni kaereba MOM MOM
ii kagen ni shinasai
itsu kara bouya wa warui ko ni natta no kana
oshioki no kondate ni nayamu

hiasobi ga BOYA ni naru BOYA ga kaji ni naru desho?
tokui no itsumo no yatsu GYAGUGIRE joutai ne

deatta koro no anata wa 「anata」de
ima wa miru kage suranai

futakotome ni wa MOM MOM
are ga nai kore ga nai
itsu kara atashi wa anata no senzoku MEIDO
「nasaimase」 tsuketa hou ga ii?

uchi ni kaereba MOM MOM
ii kagen ni shinasai
itsu kara bouya wa warui ko ni natta no kana

kyou made MOM MOM
omou zonbun amaete
anata no MOM MOM sorosoro jikangire ne
oshioki wa BAIBAI ni kimeta



いつか
この想いを伝えたくて 今夜も震えて歌う
溢れ出すメロディ 君だけに向かって 届け

取り戻せないと知れば 慌てて代わりを探す
そうやって誤魔化し 逸らした日々

受け止めるのが怖くて 薄目でぼかした僕と
軽率な君とで 始めた 恋

彼にないものを求めるのに 彼の面影押しつけてる
続きはなくて 出口も見当たらない

この想いを伝えたくて 今夜も震えて歌う
溢れ出すメロディ 君だけに向かって

君がほのめかす「いつか」を 長い間 待ち疲れ
見えてきた答えは どうしようもなく 会いたい

必要以上に 過去を聞かせるわけを 察して
少しでも 同じ痛み 覚えて

何度も消して欲しいと願う 彼に繋がる11桁
言い出せなくて また少し 遠くなる

この想いを伝えたくて 今夜も震えて歌う
溢れ出すメロディ 君だけに向かって

僕が投げかけた「いつか」は 誰よりも普通でよく
近すぎて掴めないものがあることに 気づく

それから 幾つかの嘘とか 相変わらずの距離とか
疲れることに疲れる前に 早く

この想いを伝えたくて 今夜も震えて歌う
溢れ出すメロディ 君だけに向かって

「いつか」来る さよならのとき 拭き取る側でいたいから
誰よりも普通で 誰よりも近い 僕で


itsuka
kono omoi wo tsutaetakute kon'ya mo furuete utau
afuredasu MERODI  kimi dake ni mukatte todoke

torimodosenai to shireba awatete kawari wo sagasu
sou yatte gomakashi sorashita hibi

uketomeru no ga kowakute usume de bokashita boku to
keisoku na kimi to de hajimeta koi

kare ni nai mono wo motomeru no ni kare no omogake oshitsuketeru
tsudsuki wa nakute deguchi mo miataranai

kono omoi wo tsutaetakute kon'ya mo furuete utau
afuredasu MERODI kimi dake ni mukatte

kimi ga honomekasu 「itsuka」wo nagai aida machitsukare
mietekita kotae wa doushiyoumonaku aitai

hitsuyou ijou ni kako wo kikaseru wake wo sasshite
sukoshi demo onaji itami oboete

nandomo keshite hoshii to negau kare ni tsunagaru juuichi keta
iidasenakute mata sukoshi tooku naru

kono omou wo tsutaetakute kon'ya mo furuete utau
afuredasu MERODI kimi dake ni mukatte

boku ga nagekaketa 「itsuka」wa dare yori mo futsuu de yoku
chikasugite tsukamenai mono ga aru koto ni  kidsuku

sore kara ikutsuka no uso toka aikawarazu no kyori toka
tsukareru koto ni tsukareru mae ni hayaku

kono omoi wo tsutaetakute kon'ya mo furuete utau
afuredasu MERODI kimi dake ni mukatte

「itsuka」kuru sayonara no toki fukitoru kawa de itai kara
dare yori mo futsuu de dare yori mo chikai boku de



ドレスコード
不愉快な 夜はいらない さよなら
相手なら 幾らでもいるわ 御分かり

御目に適う 一流 それ以外は 一列
この輝きに 勝る者はないでしょ?

エスコート 悪くない 頂戴 手招き
男尊女卑など もうないわ 御分かり

舞踏会は まだまだ 始まったばかりでしょ
射止めても 宜しくてよ 私はここよ

器量は良く 気品 香る
鏡よ鏡 この世界で一番は 誰?
「勿論」付けてよ

御目に適う 一流 それ以外は 一列
この輝きに 勝る者はないわ

舞踏会は そろそろ 終わりの時間でしょ
射止めても 宜しくてよ 私はここよ


DORESUKOODO
fuyukaina yoru wa iranai sayonara
aite nara ikurademo iru wa owakari

ome ni kanau ichiryuu sore igai wa ichiretsu
kono kagayaki ni masaru mono wa nai desho?

ESUKOOTO warukunai choudai temaneki
dansonjohi nado mou nai wa owakari

butoukai wa madamada hajimatta bakari desho
itomete mo yoroshikute yo atashi wa koko yo

kiryou wa yoku kihin kaoru
kagami yo kagami kono sekai de ichiban wa dare?
「mochiron」tsukete yo

ome ni kanau ichiryuu sore igai wa ichiretsu
kono kagayaki ni masaru mono wa nai wa

butoukai wa sorosoro owari no jikan desho
itometemo yoroshikute yo atashi wa koko yo



gossip!!
どうしよう 何も手につかなくて
こんなの初めてさ 目が回る

噂には 聞いてたけど まさかね
ついに 僕の番か

鼓動を握るのは あの子で
それは もう自由自在に 速度まで操れるんだ
不思議な魅力 ぶれるアイデンティティ

君がすき ただそれだけ
伝えきれずに ただ遠くから
眺めてた ずっと ずっとさ
目が合えばいいな ぐらいの恋
壊れたら 立ち直れない どうか気づかないで

今度は あいつが挑むらしいよ
結果はもちろん 綺麗に惨敗

噂では 2こ上の階でも
人気の的だって

眠れない夜が 続くけど
それは 苦しいとかじゃなくて 何度でも見れる
夢の続きさ もはやアビリティ

君のこと まだ知らない
見た目と 噂話が包む
そのベール めくるときは
きっと こないかも知れないけれど
それでもいい いつか自然に 目が合う気がしてた

ほんとは 手を繋いだりもしたい
できれば その続きもなんてね
叶わない 届かない 相手にされるはずもない
不思議な魅力 ぶれるアイデンティティ

君がすき ただそれだけ
伝えきれずに ただ遠くから
眺めてた ずっと ずっとさ
目が合えばいいな ぐらいの恋
壊れたら 立ち直れない どうか気づかないで


gossip!!
dou shiyou nani mo te ni tsukanakute
konna no hajimete sa me ga mawaru

uwasa ni wa  kiiteta kedo masaka ne
tsui ni boku no ban ka

kodou wo nigiru no wa ano ko de
sore wa mou jiyuujizai ni sokudo made ayatsurerunda
fushigi na miryoku bureru AIDENTITI

kimi ga suki tada sore dake
tsutaekirezu ni tada tooku kara
nagameteta zutto zutto sa
me ga aeba ii na gurai no koi
kowaretara tachinaorenai douka kidsukanaide

kondo wa aitsu ga idomurashii yo
kekka wa mochiron kirei ni sanpai

uwasa de wa niko ue no kai demo
ninki no mato datte

nemurenai yoru ga tsudsuku kedo
sore wa kureshii toka janakute nando demo mireru
yume no tsudsuki sa mohaya ABIRITI

kimi no koto mada shiranai
mita me to uwasabanashi ga tsutsumu
sono BEERU mekuru toki wa
kitto konai kamo shirenai keredo
sore de mo ii itsuka shizen ni me ga au ki ga shiteta

honto wa te wo tsunaidari mo shitai
dekireba sono tsudsuki mo nante ne
kanawanai todokanai aite ni sareru hazu mo nai
fushigi na miryoku bureru AIDENTITI

kimi ga suki tada sore dake
tsutaekirezu ni tada tooku kara
nagameteta zutto zutto sa
me ga aeba ii na gurai no koi
kowaretara tachinaorenai douka kidsukanaide



残り香
一応の「またね…。」 背を向けた あなたの髪
春風をまとって 薄れていく 残り香

明日から 痛みは 日を追うごと 増していくでしょう
明日から あなたは 淡々と忘れていくでしょう

桜の舞う 季節まで待って せめて 僕から別れを
忙しいあなたのことだから 届かぬ願い
突然のさよなら、必然

子供の頃も かさぶたを 我慢できず
途中で剥がしては 怒られてた 変わらない

あれから 幾つかの 恋をした ふりをした僕に
受話器越し あなたは
穏やかにうなずいた そうじゃない

逢いたい気持ちとは 裏腹に 臆病な夜を 重ねて
時間だけが ただ過ぎていくよ 残されたまま
あの日から ひとつも 進めない

たまにくれるね 優しさの 赤い絵文字 嬉しくない
それより ずっと欲しいのは 本当の さよならさ
すごく 怖いけど 歩きだすよ

桜の舞う 季節まで待って せめて 僕から別れを
忙しいあなたのことだから 届かぬ願い
突然のさよなら、必然

さよなら ありがとう


nokoriga
ichiou no 「mata ne… .」 se wo muketa anata no kami
harukaze wo matotte usureteiku nokoriga

ashita kara itami wa hi wo ou goto mashiteyuku deshou (1)
ashita kara anata wa tantan to wasureteyuku deshou

sakura no mau kisetsu made matte semete boku kara wakare wo
isogashii anata no koto dakara todokanu negai
totsuzen no sayonara, hitsuzen

kodomo no koro mo kasabuta wo gaman dekizu
tochuu de hagashite wa okorareteta kawaranai

are kara ikutsuka no koi wo shita furi wo shita boku ni
juwaki koshi anata wa
odayaka ni unazuita sou janai

aitai kimochi to wa urahara ni okubyou na yoru wo kasanete
jikan dake ga tada sugiteiku yo nokosareta mama
ano hi kara hitotsu mo susumenai

tama ni kureru ne yasashisa no akai emoji ureshikunai
sore yori zutto hoshii no wa hontou no sayonara sa
sugoku kowai kedo arukidasu yo

sakura no mau kisetsu made matte semete boku kara wakare wo
isogashii anata no koto dakara todokanu negai
totsuzen no sayonara, hitsuzen

sayonara arigatou


notes
(1) Here and in the line below, he sings yuku instead of the written iku. It's the same word, just a preference.




━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

Yessss, a ghost story! I really loved the song just for that reason [okay, not only because of that]. It's so different! I love Japanese ghost stories, so him singing one is just the cream on top of the cake. Nom. サンキュー先輩ちゃん

Ah, if you find any mistakes, typos etc, please tell me! I revised them and everything, but I might still have overlooked something ^^

Feel free to comment and object in any way.


For more, feel free to check out my lyrics translation archive → here

コメント 
18th-Nov-2012 08:27 pm (UTC)
<3 I wub you 8)
19th-Nov-2012 01:45 am (UTC)
Heeeheee... I wub yuu 2! ヽ(´Δ`)ノ


Were you too reizii to do it yourself and hoped for someone to transcribe them all for you? XP Eeehehehe
19th-Nov-2012 01:46 am (UTC)
I... I don't even have the album. :'D
19th-Nov-2012 01:50 am (UTC)
ぼっ…僕も………………(恥)
19th-Nov-2012 01:54 am (UTC)
(泣) お金がないから
19th-Nov-2012 03:38 am (UTC)
Thank you for doing this and sharing!
<3
22nd-Nov-2012 03:41 pm (UTC)
You're very welcome!!
19th-Nov-2012 08:33 am (UTC)
ASD:KFKKALSDJFKLAJSDFLKAJ!!! Thank you~~~!!!
22nd-Nov-2012 03:42 pm (UTC)
Ahahaha sjdfsldjfwoieujdf you're welcome!!!
Roaded on Dec 14th 2017, 4:01 am GMT.